2005.07.07 熱海

623 民鉄方向幕 下田篇/200系用
200・2100・7000・7200系

ステッカー1枚入・説明書付き
本体¥500- 税込¥540-

熱海〜下田間に運用される200系・2100系電車の方向幕と列番表示器をまとめたステッカーです。付録として開業まもない頃の借入車7000・7200系用の前面幕を収録。

内容

2100系前面幕
9種3両分

熱海、伊東、伊豆高原、伊豆急下田、回送、団体、東京、品川、新宿

200系4連側面幕
4種4両分

熱海、伊東、伊豆高原、伊豆急下田

200系前面幕
1種4両分/2種2両分

普通(4両分)、普通(字間が広いタイプ)、快速

200系列番表示器
(差換式)6種2両分

5625M、5637M、5644M、5647M、5650M、5655M

200系列番表示器
(LED)6種2両分

5625M、5637M、5644M、(無表示)、5655M

200系3連側面幕
4種4両分

熱海、伊東、伊豆高原、伊豆急下田

7000・7200系前面幕
2種4両分

伊東、伊豆急下田

2100系前面幕
KATO製品は床板を下へまっすぐ、マイクロエース製品は床板を後ろに引き抜く感じで外します。どちらも寸法調整の必要はありませんが、KATO製品はライト部のガラスが若干細めにできており、若干の位置調整は必要かもしれません。
200系側面幕(4連用)
最初に登場した4連の200系は113系1000'番代を種車としており、JR時代の方向幕をそのまま使用していました。ただ、JR車の直通運用は静岡所属車を使用しており、左の2コマはJR時代の使用歴がなく、200系になって初めて定期使用されたものです。
200系側面幕(3連用)
続いて登場した3連は115系0番代と300番代がベースで、こちらはオリジナルのデザインとなりました。2100系用の版下の文字間隔を詰めて配置したものですが、随分と雰囲気が異なるものですね。
200系前面幕と列番表示器
基本的にJR時代と変化がありませんが、一部先頭車に文字間隔の広い種別幕を装備したものがありました。また、車によって列番表示器がLEDに換装したものもありました。この場合中間に入る運転台は消灯となります。
7000・7200系前面幕
親会社から借り入れた7000系・7200系用の方向幕です。ピカピカのステンレスカーに張ってほしい!


2007.06.24 熱海

戻る
2014 鳳車輛製造