2002.04.09 米沢

345 ジーゼル行先板(新津運輸区)
キハ52・58・40系(新津)

※クリックで拡大します

新潟地区、羽越・米坂・磐越西線で運用されるキハ58・40系とキハ52形に使用する行先板のステッカーです。現在も使われている角ゴシック体のものをプロトタイプとし、商品名に敢えて「運輸区」を入れました。定期運用で使われるサボと、リバイバル急行用のサボをできる限り収録。特徴的な縦書き・矢印式のサボも入ってます。キハ40系用のドアボタン標記も大小・左右収録。

製作協力:トレジャータウン

内容

前面幕
7種4両分

普通(キハ40用)、快速(キハ40用)、普通(電車用)、快速(電車用)、普通(長野地区タイプ)、急行、臨時

側面行先板
(羽越線)
5種4両分(海/山側)

新津-酒田、新津-酒田、新津-新発田-酒田、村上-酒田、新津-新発田

側面行先板
(米坂線)
14種4両分(海/山側)

快速べにばな米沢行、快速べにばな新潟行、新津-新発田-坂町-米沢、新津-新発田-坂町-米沢、坂町-米沢、坂町-米沢、坂町-米沢、坂町-小国-米沢、坂町-小国-米沢、羽前椿-米沢、羽前椿←今泉=米沢、今泉-米沢、今泉-米沢

側面行先板
(磐越西線)
8種4両分(海/山側)

新潟-新津-会津若松、新潟-新津-津川、新潟-新津-馬下、新潟-新津、新津-会津若松、新津-会津若松、野沢-会津若松

側面行先板
(只見線)
2種4両分(海/山側)

小出-大白川-只見、快速只見紅葉号新潟-小出-只見

側面行先板
(復活急行
ほか
7種4両分(海/山側)

急行あさひ指定席新潟-米沢、急行べにばな指定席新潟-米沢、急行べにばな指定席新潟-米沢、快速ありがとう米坂線国鉄色指定席新潟-米沢、急行野沢指定席長岡-長野、急行ひめかわ指定席新潟-糸魚川、臨時

標記類

車椅子マーク×12、半自動ドアステッカー(右向き/大)×12、半自動ドアステッカー(左向き/大)×12、半自動ドアステッカー(右向き/小)×15、半自動ドアステッカー(左向き/小)×15

ステッカー1枚入・説明書付き
本体¥600- 税込¥648-

前面幕
「普通」3種に「快速」2種。上からキハ40系用、電車用(側面共用版下)、長野地区用の「普通」と、電車用の「急行」。こうして並べてみると、違いがわかりやすいかと思います。長野地区用は、115系や飯山線の気動車に多く見られ、新津にはおそらく転属で車両ごと波及したものと思われます。
側面行先板(羽越線系統)
交直流近郊形電車の投入がなかった羽越本線では、村上〜酒田間が気動車により運行されています。キハ40系非冷房車と日本海の夕陽の組み合わせは、一部で人気を集めている様です。
側面行先板(米坂線系統)
国鉄色のキハ58・52で注目を集めた米坂線の晴れ舞台であった快速べにばな。この板のみ単独式表記であり、急行「あさひ」から続く優等列車に対する誇りの様なものが感じられます。
同じ「米沢-坂町」板でも、文字の太さやレイアウトで複数種類があります。特に上の2種は、実際に挿さった状態では判別し辛いのですが、並べてみれば一目瞭然。
側面行先板(磐越西線系統)
新潟への直通と、途中折返しが多く見られる磐越西線新津口。
側面行先板(臨時快速・リバイバル急行)
愛称部分の文字が判別不可能なほどに小さく、かつ種類も多岐に渡るため、判別用の漢字タグを付けてあります。

只:只見紅葉号
朝:急行あさひ
紅:急行べにばな
国:快速ありがとう国鉄色
野:急行野沢
姫:急行ひめかわ

半自動ドア標記
くまさん職員がモチーフの半自動ドアステッカー。向きと大きさで4種類収録しています。左向きの小さい方は今は使われていないかも。各自調査の上で使用して下さい。


2002.04.09 小国


2013.09.10 村上

戻る
2015 鳳車輛製造