207 国電用方向幕(中央西線)
103系(神領)
99年12月、定期運用から退いた神領電車区103系電車専用の方向幕ステッカーです。この幕、漢字の書体が一部を除いて国鉄の標準自体とは若干異なります。東海新標準である「新陽社書体」に近いものとなり、しかし英字表記は大文字という、言わば過渡的なデザインとなりました。これは103系に限らず、国鉄末期に作られた名鉄局の方向幕全般に渡る特徴です。方向幕使用開始以前に前面幕窓に貼られていた「中央線」表示のステッカーも収録。

内容

103系前面幕
16種2両分

中央線(国鉄時代)、名古屋、春日井、神領、高蔵寺、多治見、土岐市、瑞浪、釜戸、名古屋-高蔵寺、名古屋-多治見、四日市、亀山、新豊田、岡崎、臨時

中央西線側面幕
10種8両分

名古屋、春日井、神領、高蔵寺、多治見、土岐市、瑞浪、釜戸、名古屋-高蔵寺(海/山側)、名古屋-多治見(海/山側)

関西/岡多線側面幕
4種4両分

四日市、亀山、新豊田、岡崎

ステッカー1枚入・説明書付き
本体¥600- 税込¥648-

戻る
2000 鳳車輛製造